コンセプト

コンセプト

練習会 説明 日程

初心者&女性・リターンライダーの皆さん Welcome!SRMラ
イディングレッスン

定員20名様
(※台数制限のため事前連絡なしの方は参加不可です)

ライディング練習会(写真)

ライディング練習会(写真)

久しぶりの日曜日!ルンルンでバイクに乗ってみると・・・

久しぶりの日曜日!ルンルンでバイクに乗ってみると思った以上に怖かったりするもので、冬が明けた4月など、ましてやバイクに乗るのが何か月~何年ぶりになるともう身体がガチガチ・・・(冷汗)そこでSafetyRidersMeeting:ライディングレッスンを通じて一緒に練習してみませんか?「ちょっとカンを取り戻す」良い機会になればと思っております。

またリターンライダーの増加に伴う40~50代ライダーの交通事故、増加が言われる昨今・・・ 若かりし頃、免許取得の時はサラッとできたであろうことも、年齢を重ねた今ではできなくなっている=身体能力の衰えがあるかもしれない・・・(冷汗)そんな自分に気付いていただいて、ほんのちょっとでも改善しておければ、リターンライダーの皆さんが交通事故に遭うリスクを少しでも事前に減らせるのではないか?Safety Riders Meetingでは、そのように考えております





誰かが言ってました・・・ 「自分の身を守って、周りに迷惑掛けないために練習するんよ。練習しなくても乗れるけど、練習すりゃ少なくとも何にもしないよりは事故る確率もグンと減る。あくまでも確率上の話だけどね。」

オートバイは素晴らしい!いつまでも乗り続けたい!50を過ぎたおっさんのオートバイに関するたった一つの約束、それは「生きて帰る」。若さの勢いで、命懸けの違法行為をすることもなくなりました。ひたすら老いと戦いながら技術を維持するのみ・・・ 50を過ぎて思うのはよくあんな危ないことしていたなー昔は・・・ ということ。その速度では止まれないよなー あの運転で横から車が出てきたらアウトだよなー あの格好でこけたら・・・ 長くバイクライフを楽しみましょうね 生きて帰りましょう!





①SRMライディングレッスンでは、まず参加いただいた皆さんのバイク経験や普段からバイクに乗る上での不安なことなどをカウンセリングさせていただたいた上で、いろんな練習方法を提案&実践していきます

②それこそワタクシごとながら自動車学校の指導員としてのキャリアを駆使しまして・・・(笑)バイク教習じゃありませんが「発進~停止:ブレーキのかけ方」、「ギアの変速方法」から「スラロームを応用した交差点・カーブでの旋回方法」など、基本のキからその応用まで、幅広くご要望に対応させていただきます

③なので、それこそビギナーからベテランまで、女性の方もWelcome!ご要望に応じてお邪魔にならない程度でアドバイスさせていただきますのでよろしくお願いします by 幹事:石浦



バイクは乗れば乗るほど楽しさが広がる。キャリアを積むほど面白くなるのだ。そうしているうちに、いかにバイクに逆らわず乗れるかなどテクニックの奥義が自然と身についてくる。だからバイクに乗るときはいつも、Enjoy your riding!(月刊 RidersClubより)




参加誓約書

※ライディングレッスンにつきましては基本、ご自身のバイクを持込にて参加前に誓約書へご署名をいただきまして事前の申しわせにつき怪我・事故など無きよう、万全の注意を怠ることなく実施するものですが万が一、練習中に発生した怪我・事故につきましては傷害保険の補償範囲内にて、車両の故障等につきましてはsafetyridersMeetingは一切の責任を負いかねます。また近隣住宅への騒音防止対策として「車検対応外のマフラー」「2ストロークエンジンの車両」など、それら以外の理由も含めまして当方が走行不適と判断した場合は車両の持込をお断りいただくこともありますので、事前にご了承くださいますようお願いします





ツーリング

ツーリング

能登島ツーリング 案内


4月恒例!石川能登島:シーズン走り始めツーリング
初心者~ベテラン 走行距離:約200km
給油:2か所予定


次回開催 平成30年4月第4日曜日(日:天候などで変更あり) 定員20名
集合場所 小矢部市:道の駅「メルヘンおやべ」
集合時間8:45 出発9:00 氷見で15:30解散予定


「A 9:00 道の駅メルヘンおやべ出発」~国道471号線~国道249号線~「B 10:00 千里浜なぎさドライブウェイ」~県道36号線~県道49号線~「C 11:30 道の駅赤神」~国道249号線~県道23号線~県道257号線~「D 12:30 道の駅のとじま(昼食)」~県道47号線~国道160号線~「E 15:30 氷見市内で解散」

youtube 能登島

能登島ツーリング

岐阜せせらぎ街道ツーリング 案内


10月 岐阜せせらぎ街道:紅葉ツーリング
中級者~ベテラン 走行距離:約330km
給油:2か所予定


次回開催 平成29年10月29日(日) 定員20名

集合場所 
東海北陸自動車道:上り名古屋方面 
城端SA
デイリーヤマザキ前

集合時間7:45 出発8:00
富山市・道の駅細入で16:00までに解散予定
早めの出発、早めの帰宅にご協力ください

※一般道路から合流不可につき必ず高速道路でお越しください!






「A 8:00 城端SA出発」~東海北陸自動車道~「B 9:30 道の駅荘川」~国道156号線~国道472号線(せせらぎ街道)~「C 11:30 道の駅明宝(昼食)~国道257号線~県道73号線~「D 13:30 道の駅ななもり清美」~県道90号線(卯の花街道)~国道360号線~「E 15:30 道の駅りんりんで解散」

城端SA(集合場所)

せせらぎ街道紅葉ツーリング

岐阜せせらぎ街道ツーリング

ツーリングnew

ソロで走るのも楽しいモンですが、せっかくバイクを持ってるならやっぱり数十台でマス・ツーリングもしてみたいでしょ!(祝)ネイキッドはネイキッドなりに・・・、スーパー・スポーツはスーパー・スポーツなりに・・・、アメリカンはアメリカンなりに・・・ 1300ccは1300cc、600ccは600cc、400ccは400cc、250ccは250ccなりに・・・(笑) 決して「DQNツーリング」にならないよう、また皆さんが気持ちよく走っていただけるようなペース配分を心がけて先導したいと思っております。また参加いただいた皆さんのご協力もいただきながら、ベテランの方はベテランなりに初心者の方をフォローしながら、初心者の方は初心者なりに・・・「ちゃんと先頭からバックミラーで後方の動きを確認しながら先導しますので、前のペースに無理してついていかなくてもOK、カーブでオーバーランだけしないようにしっかり減速」でお願いします!



一人で走る時にはない「一体感と安心感」、マスツーリングの醍醐味を皆さんで楽しんで良い旅にしましょう!年二回、基本的には同じ時期・同じルートで開催しております。「久しぶりにツーリングしたくなったなぁ・・・」そんな方の参加も歓迎しますよ~



事前にご連絡いただければ「ツーリングルートの途中まで一緒に行って早めに離脱します!」
もしくは「午前中は用事があるので、ルートの途中からツーリングへ合流します!」もOKです!



そうは言ったものの、幹事ゆえいつも先頭になってしまうので、自分としては「いまいちマスツーリングした気にならなかったりする」んですが・・・( ̄▽ ̄)苦笑 それでも今までの経験を踏まえれば、たかが10台ちょっとのツーリングといえども!他の皆さんと一緒に走ってみると、ソロで走る時以上に「やっぱりいろいろ勉強させられる」良い機会になると思っとります。並走するメンバーが気持ちよく走れるであろう速度感、給油・空腹時に対応した休憩のタイミング、ゆっくり過ぎる一般車両を追い越せずにヤキモキなどなど・・・(冷汗) ソロで走る時以上にいろいろ「メンドクサイことが多くなる」ワケなんですが、そんなことを言い出したら「そもそもバイクなんて生活必需品でもない上に、自己顕示欲のカタマリみたいな乗り物でそりゃもう限りなくメンドクサイ!」と思ってたりするワケで・・・( ̄▽ ̄)笑 良くも悪くも「そういう部分まで全部引き受けちゃった上でバイクと付き合っていく」と、また新たな境地、新たな次元で「バイクのある生活」が楽しめるんじゃないでしょうか・・・ なのでSafetyRidersMeetingのツーリングはスーパースポーツからネイキッド、アメリカンまで老若男女ウェルカム!そんな感じのツーリングをやっていきたいと思っとりますので、どうぞ今後ともご贔屓のほどよろしくお願いします

by SafetyRidersMeeting 幹事:石浦



※参加台数、天候によってコース変更・短縮もアリ、前日の天気予報にて降水確率40%以上の場合はその時点で中止、コチラのブログもしくは各SNSにて開催・中止のご案内をします。

※また当日の最高気温が20度以下の場合は「ヒートテック仕様のインナー」、合わせて山の天候は変わりやすいので予備の防寒具&厚手のグローブなどご準備されることをおススメします。前日にタイヤ空気圧などの安全点検も忘れずに!当日はガソリン満タン!財布の中身も満タンでご集合ください!



※バイクツーリングにつきましては出発前に誓約書へ署名をいただきまして事前の申し合わせにつき万全の注意を怠ることなく実施するものですが万が一、ツーリング中に発生した交通事故、交通違反及び車両故障につきましてはSafetyRidersMeetingとしましては一切の責任を負いかねますので、参加前の車両整備と合わせて自動車保険などの加入状況を今一度ご確認くださいますようお願いします

また車両トラブル、軽度の転倒につき「バイクが自走できない状態に陥った」案件が、過去に発生したことがありました。その時はJAFによるレッカー・サービスなどで対応していただけました。ぜひご本人様で今一度、トラブル時の緊急連絡先・対応方法をご検討した上でのご参加をお願いします











練習会&ツーリング参加申込み

ライディング練習会、バイク・ツーリングへの参加希望・詳細問い合わせは・・・
以下のフォームより、もしくはTwitter:@SRM_2008、facebook、safetyridersmeeting@gmail.com(担当:石浦)までご連絡ください

ツーリング参加申し込み

2015年10月17日土曜日

「5年後、本気出す」はこのことか?しかし、そのために何をする?何を出す?

 RT @ysphigashiomiya そうか 国内二輪車4社、2020年国内販売100万台に向けた取り組みを説明 | レスポンス

http://t.co/FRPr3eTTtB



ホンダやヤマハ発動機など国内二輪車メーカー4社は9月17日、都内で会見を開き、2020年の国内販売100万台実現に向けた各社の取り組みを説明した。



川崎重工業の浅野剛執行役員は「我々カワサキは100万台に、数的に貢献できる要素は他社に比べると限界がある」としながらも、「とくに新規のユーザー層を取り込むことで力を発揮したい。2008年、2013年出した『Ninja 250』は若者の皆さんに圧倒的な支持を頂いており、こうした新しいモデルを国内市場に投入することによって若者の拡大に大いに貢献したい」と説明。

さらに「ややもすると“男カワサキ”といわれるが、女性層を取り込むカワサキとしての先兵といった形で『エストレア』といった車などを出しながら、新たなユーザー層を取り込んでいきたい。こうしたハード面だけでなく、“ことつくり”や“もてなし”を合言葉にソフト面でも若者のユーザーをひとつのコミュニティにして、末永くバイクライフを楽しんで頂く取り組みをしていきたい」と述べた。



ホンダの青山真二取締役執行役員は「国内市場の再活性化については、最重要課題のひとつという形で取り組んでいきたいと考えている。そうした中で、今年前半に数多くのニューモデルを投入してきた。『NM4』もそのうちのひとつで、極めて近未来的なルックスのスタイリング、独特の走行感覚あるいは新しい技術を織り交ぜて、今まであまり関心を持ってくれてなかった方々に二輪車に目を向けてもらいたい。こうしたファンバイクをどんどん広げていきたい」と語った。

また「一方で50ccにおいても今年、10数年ぶりにフルニューの新規機種を投入して将来的にファンバイクにつながっていくような50ccも含めて日本市場に積極的に力を注いでいきたい」とも話していた。



ヤマハ発動機の三輪邦彦上席執行役員は「数年前の調査でモーターサイクルに関心があるかどうかを聞いてみたところ、だいたい2割くらいしか関心がなくて、残り8割はまったく頭の中に入っていないという結果がある。やはり残り8割にどう広げていくかということが非常に大事だと思う」と指摘。

その上で「例えば若い学生の人たちが何を思っているのかというのを色々聞きながら、そういう方たちにどういう提案ができるのかを考えながら、販路が今まで通りのバイク屋で良いのかということも含めて今、販売会社を中心に物を売るだけではなくて、事をどう広げていくかということを一所懸命やっている。それをやっていくことで、特徴的な商品を出しながら感心を持って頂き、興味を持って頂くことで事が広がるのではないかと考えている」と述べた。



スズキの望月英二取締役専務役員は『GSR』という具体的な商品を引き合いに出して「750cc、400cc、そして250ccとシリーズ化している。このうち250ccはエントリーユーザーからリターンライダーまで幅広く乗って頂けるということで開発した。いつかはナナハンにという夢を持ってもらい、まずはここから乗って頂こうということでシリーズ展開している」と説明。

さらに「GSR250には3つのバリエーションがあり、ひとつはネイキッドでどちらかというと10代あるいは20代前半のエントリーユーザー向け、2つめがセミカウルで通勤や日帰りツーリングなどで使われる、いわゆるリターンライダーをターゲットにしたモデル。3つめは高速道路含めたツーリングを楽しむ20~30代のライダー向けに企画したもの。垂直方向のシリーズ、さらに水平方向にバリエーション化することで、できるだけ多くのお客様に提供し、国内の二輪市場を活性化するひとつの武器にしていきたい」と語った。



日本自動車工業会は5月16日、日本二輪車普及安全協会など二輪車関連団体、それに地方自治体と共同で、二輪車産業の成長戦略として「二輪車産業政策ロードマップ」を取りまとめ、公表した。その中で2020年に世界のバイクの2台に1台を日本ブランド車に、国内市場では100万台の新車販売を目標に掲げている。2013年時点の日本ブランド車の世界シェアは43%、また日本での販売台数は46万台となっている。





 RT @TWIN_SuperSport というか、近未来云々言う以前に、バイクで堂々と遊べる環境をもっとととのえて欲しい、ツナギ着ないと走れないようなサーキット以外でな。

0 件のコメント:

コメントを投稿